こんにちは、西風ふーりんです。日々の事件や、IT関連、ゲームの感想を書きます。たまに拙作の落書きを配置します。

2021/9/6 月曜日

鈍行紀行2021夏(2) 名古屋と高山

Filed under: 旅行記録 — ふーりん @ 0:23:45

8/21にとある資格試験を受験してきました。合否発表は3か月後。
その試験会場が名古屋だったので、費用を浮かすべく
鈍行で移動してました。それが21日(土)の話。

川崎704-748平塚749-840熱海847-906沼津912-951興津1003-1107掛川1118-1221豊橋1232-1324金山1328-1334千種
往路は紀行としての特記なし。何度か通っておりますし、
ここまでは車窓見るの控えて、試験の対策アプリを挑戦中でした。
試験会場は千種が最寄駅。ホームの立ち食い屋できしめんを食べて、会場へ。

16時過ぎ試験終了。この時間なら日帰りも可能でしたが、巡ってきました。
名駅へ。とらのあな名古屋店は、けっこう床面積あったな。
秋葉原の方が縮んでしまったともいえる。
次の出発まで30分。夕飯らしいもの頼むと期限過ぎそうだったので、
再度きしめん。今度はカレーきしめん。
タイトルに名古屋つけたけど付ける画像なかったな。

名古屋1745-1804岐阜1815-1854美濃太田1909-2148高山
岐阜から先の高山本線に初乗車。キハ75系。
美濃太田までの途中は名鉄線も並行。
美濃太田からはキハ25系のクロスシート。
この時間では何も見えず。途中の下呂でしか目立つ夜景がなかったな。山中だし。
美濃太田から高山の3時間弱の間に、久しぶりにタブレットで絵を描いてました。
Pixivに。8/21はバニーの日でした。

22時前、高山に到着。

駅の前の水溜めてるところ、酔ってる人が簡単にはまりそうだな・・・。
それはともかく、宿にたどり着く前の経路の時点で、
観光地の要素を感じました。

チェックイン。あ、ここWiFiがないや。会津若松の系列店にはあったのに。
ネット経由する事務作業はあきらめて寝る。

8/22 雨
朝食で朴葉みその味を知る。
朝市を見るべく、7時過ぎにチェックアウト。

まず宮川の朝市。

「古い町並口」バス停。そのままな名前。

もう一つ陣屋の朝市。店側撮ってなかった。

次に、高山城跡を巡る。

金森長近公の像。



児童遊園地から本丸跡への最短経路を進んだ、はず。
GoogleMapは細い道出てこないしGPS追従しないし現在位置わかんなくなってしまった。
本丸跡は見つかったけど、路上の標も信じにくい。
坂を下る方向へ、川の音が聞こえる方向(雨なので増水していた)へと
向かって、舗装道路が見つかった。現在位置を把握して町の方へ戻れました。
8:50高山陣屋へ入場。


これは正面の一部で、奥が広いです。江戸時代の日本建築様式を見てきました。
もっとゆっくり見たかったが、高山を出発。

高山940-1048猪谷 キハ25系のこっちはロングシート。
この区間はいつまでも、宮川の傍でした。



富山に入って猪谷。猪谷駅はJR東海とJR西日本の境界でもありますが無人駅。
駅前の関所館はコロナウイルスの影響で休業。

猪谷1107-1155富山
これで高山本線を踏破。富山に到着。
通過すら20年ぶりで降りるのはそれ以上ぶり。


訪れたけど、観光する時間なし。そのかわり、昼食で堪能。
白エビ・ホタルイカ・ぶりの天丼が美味でした。

富山1247-1333泊1350-1502直江津
元北陸本線の区間。北陸新幹線開通後は、第三セクターの
あいの風とやま鉄道と、えちごトキめき鉄道になってます。
青春18きっぷの適用外なので、普通に乗車券買って乗車。

線路は富山地方鉄道。海の向こうにあるのは能登半島。
二週間ぶりに直江津到着。

直江津1509-1517犀潟1520-1629越後湯沢
犀潟から途中の六日町までは再び適用外の北越急行線。

長いトンネルの車内では間接照明が灯る。

越後湯沢では、次の列車まで1時間以上待ちがあったので、
駅内を巡ってました。ぽんしゅ館は、
コロナ禍じゃなければ躊躇なく寄ってたのですが、今回は見送り。
代わりに、酒風呂を入浴しました。

越後湯沢1752-1830水上1844-1948高崎2007-2212品川
ここは4年前と同じです。
水上駅の外の店はやはり閉店してましたので、夕飯用の食物は越後湯沢で
買っておきました。高崎からグリーン車に乗って摂食。

おしまい。最後までお読みいただきありがとうございました。
18きっぷは残り1日分。今度は日帰りで。