こんにちは、西風ふーりんです。日々の事件や、IT関連、ゲームの感想を書きます。たまに拙作の落書きを配置します。

2010/11/4 木曜日

テルマエ・ロマエ・デイ ~突発紀行10/31編

Filed under: テルマエ・ロマエ,雑記 — ふーりん @ 23:18:35


ストリジル増えてるし。しかも本格的なのが。

まず時系列
5/28 「テルマエ・ロマエ・ナイト」参加。ストリジル(まがいもの)を提示!

>これがストリジル?
うーむ。かくなる上は、本格的なモノを手に入れたいものだ。

7月、名古屋を訪れる。当時、ポンペイ展が開催されていたのは知っていたが、
決め手に欠けたのでスルー。

8月、名古屋展にて「テルマエ・ロマエ・デイ」開催。
参加条件に「トーガ着用」を追加。これもまたハードルが高い・・・
と思ってたら、その参加者出現、しかも2人!

9月、シャンプーハットを被ってテルマエ・ロマエ購入、は本業と折り合いつかず断念。
突発紀行9月編。松本パルコでテルマエ・ロマエのポストカード集入手と複製原画展を確認。

10月、「ねんがんのストリジルをてにいれたぞ!(レプリカだけど)」

さらに、新潟でまたも「テルマエ・ロマエ・デイ」が開催されることを、出発2日前に知る。
カヤの外の福岡展涙目!いやそれはともかく、行くとなればいつ行こうかと考えたところ、
他のイベントも重なってる31日に行くことに。

東京748-926長岡
尼崎出身を公言してますが、12年ほど前に長岡に住んでたこともありました。
遠景を見ると、あまり変わってないようにも見えるけど、近くを見ると、
自動改札になってたり待合室がなくなってたりと駅ビルの中は大変貌。
循環バスに乗って、新潟県立近代美術館に着いたのは10時過ぎ。
前回と同様に、ストリジルを提示。今回もあっさり受理。

再び展示を見る。この間にテルマエ・ロマエは2巻が発売されましたが、
漫画のいい復習になったな、と感慨。浴場内のマナーを示したフレスコ画
というのは、こういう物体で、こんな形で掲示されたのだな、とか、
ララリウムに祀る神様は、確かに細身だな、とか。
まえの「~ナイト」のときは、19時に来場して、20時閉館だったから、
ちょっと急ぎ気味に見てしまったけど、「~デイ」はゆっくりと眺められるのが
良いですね。
ひととおり見終わったあと入り口に戻ると、呼びかけられる。
ストリジルの件でインタビューを受けました。
いきさつを話したあと、イベントが始まる。

11:30からポンペイ展テーマ曲の作曲者、溝口肇さんのミニコンサートが始まるのでした。
ホールは既に満席。展示会場まだそんなに居なかったやん。最後部の通路より立ち見。
演奏を拝見しました。チェロの独奏というのは初めて見たと思います。
弓を動かす右手はゆったりと動かすのだな、というのが見ての感想で、
チェロは低い音も高い音も豊かに奏でるのだな、というのが聴いての感想です。
今日という日を選んで、聴きに来てよかったです。
あと少々のトーク。「世界の車窓から」のテーマ曲も溝口さんの曲なのですが、
さらなる長寿番組化を願っているそうです。・・・
ミニコンサート後、CDのサイン会もありました。この機会なので私も購入しました。

ミッション1終わり。駅に戻る循環バスを待つ間。少し散歩。
信濃川の上の空は未だ曇り気味でした。もうすぐ雪の前に雷の季節でしょうか。

ずいぶんと肉付きの良いマリオ。

長岡駅に戻る。もう一度新幹線に。新潟と長岡の間、燕三条という駅へ。
この近所に、オフラインながらもクルクルラボが動作している、という情報があったので、
診断でもしていこうと思ったのですが、

空振りでした。Mission failed.
ともあれ、下見はできたのでよしとする(?)。

新潟に来るにあたり、これ以上の情報を持っていなかったので帰ることにした。
モバイルSuicaに入れてた指定席を変更、繰り上げる。
昼飯に、栃尾揚げ。栃尾も長岡市内になってたのか。

この調子だと、今月(11月)末も、突発紀行を思いつくかも知れません。
あるいは来年、仙台に行くかも知れませんねえ。

以上です。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment